2022年06月17日

山紫陽花の魅力

店先に山紫陽花を少し並べました。個人的におすすめの山紫陽花です。
半日陰となるところに落葉樹と、手水鉢(水鉢)、そして藍姫(山紫陽花)を添えるように植えますと、たった三つの要素ですが雰囲気の良い涼しげな景色がつくれます。
薄い日差しの場所で見る山紫陽花の小さめの葉や、細い茎やがくは品よく見え納まりも良く、どんな建物とも相性がいいです。
多くの植物を植えなくとも、ごく少ない要素で涼やかで奥ゆかしい空間を愉しむことができます。
L1270631-1280.jpg

山紫陽花 藍姫 青色(藍色に近い)
L1270625 2-1280.jpg

鉢植えもまた良し
L1270622-1280.jpg

山紫陽花 姫小町 薄水色
L1270623-1280.jpg

山紫陽花 奏音 薄水色
L1270627-1280.jpg

山紫陽花 紅 咲き始めは白、だんだんとピンクが滲んだように入りその後赤に変化
L1270630-1280.jpg

kg-mark-100-ol.png
Garden Shop K-garden
MAIL:info@k-gardenshop.com
kg-contact.png
kg-onlineshop-gr.png
kg-insta-pk.png

posted by K-garden at 21:22| ときどき日記